本事業についてのFAQ

本事業についてのFAQ

エネルギー事業者の関わりについて

この事業に各エネルギー事業者はどのように関わっていますか。
環境省の「平成29年度 低炭素型の行動変容を促すエネルギーレポート情報発信(ナッジ)による家庭等の省CO2、省エネへの自発的対策推進事業」にて、日本オラクル株式会社と株式会社住環境計画研究所は共同事業者として「生活者・事業者・地域社会の 『三方良し』を実現する 日本版ナッジモデルの構築事業」を受託しました。同受託事業の中の「ご家庭の省エネレポート事業」(以下、本事業)にて、各エネルギー事業者は省エネルギーの一層の推進、お客さまへの省エネ行動の提案という観点で、本事業に協力いたしております。
他のエネルギー事業者は協力しないのですか。
本事業には、北海道ガス株式会社、東北電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、沖縄電力株式会社の5社が協力企業として参画しております。
各社同様の協力を行うのですか。
5社は家庭向け省エネレポートをお送りするという点については同様ですが、若干エネルギー事業者ごとに協力内容が異なります。
省エネすると電力会社(ガス会社)は売り上げが下がるのに、どうしてこんなことをしているのですか。
将来的に持続可能に暮らせる未来社会の実現に向け、社会的使命として、環境負担を下げて低コストでエコな省エネライフを創り出すことに協力しています。他にも省エネのための活動を行っております。

協力について

電話でのアンケート調査に答えると、粗品や謝礼がもらえるのですか?
申し訳ございませんが、粗品や謝礼の提供は行っておりません。
電話でのアンケート調査は、断ると何かペナルティがあるのですか?
ペナルティなどはございません。ご安心ください。

個人情報について

自分の家庭の情報が他人に見られることはないのですか。
お客さまの住所や家庭環境を他のお客さまに開示することは決してありません。ご安心ください。
個人情報の提供は個人情報保護法上の観点から問題はありませんか。(自身の情報はどのように取り扱われますか)
お客さまの個人情報や使用量等の情報については、お客さま自身のレポート作成にのみ使用させていただき、環境省に対しては、統計的にデータを処理し報告することとし、個人情報保護法に基づいて、適切に対応いたしますお客さまの住所や家庭環境を他のお客さまに開示することは決してありません。ご安心ください。

事業内容について

本事業は何を目的とした事業なのですか。
一般のご家庭を対象とした、エネルギーのご使用状況などをお知らせする「省エネレポート」が、省エネ意識の向上や省エネ行動の促進に、どの程度有効であるかを調査・検証することを目的とする事業です。
各エネルギー事業者管内にて無作為に選ばれたご家庭に、12月から3月までの間、毎月省エネレポートをお送りいたします。レポートをお送りした世帯のうち700世帯、レポートをお送りしていない世帯のうち300世帯に対し、電話によるアンケート調査を実施し、省エネ意識、動機の変化を検証します。
協力とは具体的にどのようなものですか。
エネルギー使用量情報等のお客さま情報を日本オラクルに提供します。お客さまの個人情報や使用量等の情報については、お客さま自身のレポート作成にのみ使用させていただき、環境省に対しては、統計的にデータを処理した情報を報告することとし、個人情報保護法に基づいて、適切に対応いたします。
日本オラクル、住環境計画研究所とはどういった会社ですか。
概要は以下のとおりです。
<日本オラクル>
・情報システム関連のソフトウェア、ハードウェア、ソリューション等を提供
・米国オラクルコーポレーションの日本法人
 →お客様向けエネルギーレポートのトップ企業です
<住環境計画研究所>
・家庭におけるエネルギー需要構造の分析、住宅問題調査、地域計画等を手掛けるシンクタンク

設計について

電話調査では何を聞かれますか?
レポートをご覧になった感想、日常の省エネへの取組み等、10問程度の簡単なアンケートをとらせていただきます。
電話は、いつ、どこから(誰から)かかってくるのですか?
2018年1月のレポート送付前後に委託先の調査会社よりご連絡差し上げる予定です。
電話がかかってくる世帯は、どうやって選ばれた(選ばれる)のですか?
「省エネレポート」送付対象として選ばれたご家庭および無作為に抽出された700世帯(キャラ有り無し350世帯ずつ)および比較対象世帯から300世帯の計1,000世帯を無作為に選定いたしました(いたします)。
今後セールスに来るのですか。
今回の事業は訪問やセールスを目的に実施しているものではありません。

全体について

ホームエネルギーレポートとは何ですか?どんな情報が載っているのですか?
お客さまのエネルギー使用状況と省エネ・節約のヒントをまとめたレポートです。以下の情報をお届します。
<エネルギーご使用量についての情報>
・よく似たご家庭との使用量の比較
・過去6ヵ月のご使用量の推移
・月別のご使用量との比較
<ご家庭にあった省エネのコツ>
・ご家庭にあった省エネのコツを紹介
省エネを強要しているのですか。
省エネに関わる情報のご提供・ご紹介であり、お客さまの行動を強要するものではありません。
WEB(パソコン・スマホ)で、レポートの内容を見ることはできますか。
申し訳ございませんが、今回は郵送のみとさせていただいております。メールやWEBサイトでの提供はいたしておりません。
※但し、各エネルギー事業者のWeb会員サービスにご登録いただきますと、WEBでも類似の内容をご参照いただくことが可能になります。

送付対象条件について

(非対象者より)うちの家庭にも省エネレポートを送ってほしいのですが。
大変申し訳ございませんが、対象のご家庭は無作為に選んでおりますので、お客さまの参加希望は承っておりません。ご了承ください。
(家族が増える、減る等)エネルギー利用環境が変わるのですが、それでも引き続き調査対象になるのですか。
はい、引き続き、ご協力よろしくお願いいたします。
近々引越しをするのですが、それでも引き続き調査対象になるのですか。
ご自宅の住所が変更されると、今回のレポート送付対象ではなくなってしまいます。あしからず、ご了承ください。
長期の旅行などでエネルギーを使用しない時期があるのですが、問題はないですか?
長期不在時はエネルギー使用量が減少するので、レポート内で比較する際(先月との比較・似たご家庭との比較)違和感をお感じになるかもしれませんが、特に問題はございません。
11月に事前通知書をうけとったのですが、レポートが送られてきません。なぜでしょうか。
引っ越し、解約など契約変更があったお客様はレポートの送付対象者から除外させていただいております。また、使用量が少なすぎるor多すぎるなど、統計的見地から今回のレポートの送付を見送らせていただいております。

内容について

ホームエネルギーレポートは無料ですか。
無料です。ぜひ、ご家庭の省エネにお役立てください。
一般家庭ではありません(お寺等の住宅兼店舗のような形態のお客さま)ので、比較しても参考にならないのではありませんか。
生活環境やご家庭の事情により、エネルギー消費を削減しにくいお客さまがいらっしゃることは、承知しております。今回の事業では、お客さまとそのご家庭におけるさまざまなニーズにお応えする広範囲なアイデアの提供を目指しております。
お客さまに合った省エネのコツをご覧いただき、実践していただくことにより、お客さまなりの省エネのお手伝いができれば幸いです。

レポートの見方について

よく似たご家庭とは、どのような家庭ですか。
お客さまの住所の近隣にお住まいで契約種別の内容が近い世帯です。最大100件までを比較対象としております。
近隣に家庭環境が似ている家があるのですが、そこと比較されているのでしょうか?
具体的なご近所のご家庭を特定して比較しているわけではありません。近隣のよく似たご家庭約100世帯を集約した値となっています。
「お客さまに合った省エネのコツ」の「お客さまに合った」とは、何を根拠にしているのですか?
お客さまがお住まいの地域や気候にあわせた省エネのコツとなっています。
「お客さまに合った省エネのコツ」に従わないといけないのですか?
省エネのコツに従っていただくことを強要しているわけではございません。あくまでもご家庭での省エネルギーの参考にご活用いただければ幸いです。
省エネすると、粗品や謝礼がもらえるのですか?
申し訳ございませんが、粗品や謝礼の提供は行っておりません。
省エネしないと、何かペナルティがあるのですか?
ペナルティなどはございません。ご安心ください。
省エネのコツをもっと教えてほしいのですが。
各エネルギー事業者のホームページで、様々な省エネのコツが紹介されております。また、環境省のホームページでも多くの省エネのコツを紹介しておりますので、ご参考にしていただければと思います。
「省エネのコツ」に書いている「年間最大●●円の節約」の根拠は?
各地域で、平均的なエネルギー使用(暖房、冷房、給湯、照明など)の割合および平均的なエネルギー使用量を公開されている統計データから取得し、それをベースに省エネ行動によってエネルギー使用を削減できた場合の想定削減額を記載しています。お使いの機器・設備や利用状況によっても変動しますので、目安として参考にしてください。(例:寒冷地の冬あれば暖房が80%、その他が20%として、平均の総使用量が10,000円とした場合、暖房の使用量が8000円となり、省エネ行動で50%の使用量削減が見込まれる場合は、節約額は4,000円と算出)
レポート裏面下部の”これまでの電気・ガスご利用量との比較”に記載されている「節約」または「支出増」の具体的な額の算出根拠を教えてください。
レポートで使用している請求額の差異は、お客さまのご使用量(kWh/m3)と比較対象の平均ご使用量(kWh/m3)の差分に、各エネルギー事業者様管内で本レポートの送付・比較対象のお客様全体のkWh/m3単価の平均を掛け算して算出しています。表面にある3本線のグラフの比較結果の、過去6ヶ月分の積算の結果を、金額に換算してご案内することでより実感を持っていただけるように用意しているので、省エネ活動から得られる金銭的効果を図る具体的な指標として参考にしてください。

その他

省エネレポートはいつ頃送られてきますか?
2017年12月から2018年3月まで、期間中4回、毎月下旬頃にお送りする予定です。ただし、プログラム期間中に料金プランを変更した場合や、エネルギー使用量が著しく多い場合、少ない場合などの理由により、11月に事前の通知書を受け取られた方についても、レポートが送付されない場合もあります。
ページTOPへ